INFORMATION
お知らせ

株式会社コズレ、農林水産省が推進する「Let’s!和ごはんプロジェクト」に参画


子育てに楽しさと新たな価値を提供する株式会社コズレ(本社:東京都千代田区、代表取締役:田中穣二郎、以下コズレ)は、農林水産省が推進する「Let’s!和ごはんプロジェクト」に7月31日から参画し、和食文化の保護・継承のため、プロジェクトメンバーと連携しながら「和ごはん」に関する情報発信を行います。

「Let’s!和ごはんプロジェクト」とは、将来の食嗜好の骨格となる味覚が形成される子どものうちに和食の味や食べ方の体験の機会の増加を促し、和食文化の保護・継承につなげていくためのプロジェクトです。食品製造業者、流通業者、中食・外食業者のみならず、レシピや調理家電など食にかかわる事業者と行政とが一体となって、和食につながりを持つ関係者が官民協働で、子どもたちや忙しい子育て世代に、身近・手軽に健康的な「和ごはん」(※1)を食べる機会を増やしてもらうための取組を推進しています。

ユネスコ[国際連合教育科学文化機関]の無形文化遺産(※2)に「和食」が登録されて5年目となる今年。弊社も同プロジェクトの趣旨に賛同し、月間300万人コズレユーザーであるママパパに対して「和ごはん」に関する情報発信を通じ、取組に貢献をしてまいります。

ロゴマーク(基本形2)

(参考)「Let’s!和ごはんプロジェクト」公式HP

※1 日本の家庭で食べられてきた食事であって、(1)ごはん、汁 物、おかず等若しくはその組み合わせで構成されているもの、又は、(2)だし並びに醤油及び味噌を はじめとする日本で古くから使われてきた調味料等が利用されているもの(Let’s! 和ごはんプロジェクトメンバー規約「用語の定義より」)

※2 遺跡や建造物のような有形の文化遺産に対し、人から人へと伝えられる文化や伝統芸能が対象。「和食」以外にも「和紙」「歌舞伎」や「能楽」なども登録されている。